野生動物の本能を利用した環境にも優しいウルフピー

ウルフピーはオオカミの尿を100%原材料にした、野生動物の習性を利用する害獣忌避剤です。

野生動物は自分の縄張りをアピールするために、体の臭いや尿でマーキングをおこないます。


危険な天敵の臭いがする場所は、動物たちは本能的に避けて近寄りません。



ほとんどの野生動物から天敵として認識されるオオカミの尿、ウルフピーの臭いがする場所には近づかなくなるのです。



ウルフピーは添加物や化学物質を一切使用していないので自然や環境にも優しく、動物を傷つけずに追い払えます。

大型動物のクマ、鹿、サル、イノシシ。
タヌキやハクビシン、犬やネコにも効果が検証されているのです。



ウルフピーの使い方は簡単で手軽、わずか50mlを小分け容器に入れて動物の侵入を防ぎたい場所を囲ったり、通り道を遮るように吊すだけ、幅は3〜6m、高さは30〜60cm程度の高さに吊します。


対象の動物が小型の場合や収穫期など厳重にガードしたい場合には、幅を狭めて吊すのです。


軽いので木の枝やネットにもそのまま下げられるため、頑丈な柵を設置する必要もなく、電気柵のような電気代といった経費や保守も一切必要ないのです。ウルフピーの効果は1ヶ月程度は持続します。
天候の状態により乾燥して液が少なくなった場合にはつぎ足し、雨が入り込んで薄くなったときは、中身を捨てて新しい液に入れ換えるだけ。


メンテナンスが非常に簡単なことも魅力、女性やお年寄りでも気軽に使えるのです。