自然と動物にも優しい害獣対策ウルフピー

ウルフピーはハイイロオオカミの尿100%を原材料にした、自然と動物にも優しい害獣対策用品です。



野生動物は自らのテリトリーを主張するために、体の臭いや尿を吹き付けてマーキングを行います。天敵のテリトリーには、捕食される動物は危険な場所と判断して近づかないのです。

ほとんどの動物にとって天敵のオオカミの尿の臭いがする場所は、動物たちは避けて自然と近寄らなくなるのです。
ウルフピーの使い方は簡単でシンプル、50mlずつ小分け容器に入れて侵入を防ぎたい場所の周囲や通り道を遮断するようにぶら下げるだけ。



3〜6mの間隔で、オオカミがマーキングする30〜60?程度の高さに吊るします。


軽いので畑を囲った柵やネット、木の枝にも下げられます。



場所がない場合も、安価な園芸用の支柱を立てれば代用できるのです。
効果は1ヶ月程度持続するので長持ち、定期的なメンテナンスは蒸発して量が減ったらつぎ足すだけです。
ウルフピーはクマ、鹿、サル、イノシシなどの大型動物、ハクビシン、犬、タヌキなど小型のほ乳類にも効果が検証されています。


高速道路などの野生動物の侵入対策にも採用されているのです。


電気柵などのように大がかりな設置の手間もなく、電気料金なども不要なので保守費用が安上がりなことも魅力です。


ウルフピーは、年配の方や女性でも簡単に取り扱えるので、家庭菜園を楽しんでいる方や小規模農家でも、少ない経費で害獣対策ができるのです。