動物の本能に働きかけるウルフピーとは

昔は農作物を荒らす害獣と言えばネズミやタヌキにイタチやクマなどでしたが、最近はペットとして飼われていた外来生物が心無い飼い主に捨てられて野生化して繁殖を繰り返し、農作物に被害を与える様になっています。

こう言った害獣対策は動物の種類によっても違いますし、数種類の動物による被害も拡大しているのが現状です。


また自然環境が減少しているのも要因の一つで、害獣たちも生きて子孫を残す為に多少のリスクを背負ってでも農作物を荒らすので、被害にあったら早急で確実な対策を必要とします。



そんな害獣対策方法の中でも最近ネットの口コミやランキングで人気になっているのが、ウルフピーと言う獣忌避剤を使用する事です。

ウルフピーとは野生動物の生態系の中で頂点に立つ狼の尿を100%使用した忌避剤で、サルや鹿に猪だけでなく殆どの野生生物に効果を発揮します。



殆どの野生生物は自分の縄張りを主張する為に様々な場所でマーキングをして、他の動物はマーキングされた臭いで自分より強い動物が縄張りにしているのかを判断する習性を利用しているので確実です。例え狼のマーキングの臭いを知らなくても、動物が持っている本能が命の危険を察知してウルフピーを設置してある区域から逃げ出してしまうので、大掛かりな罠を設置する必要もありませんし、罠にかかった動物を処分する必要もありません。

設置方法はウルフピーを専用の容器に入れて、近寄らせたくない場所の周辺に置くだけで人間にはそれほど分からない臭いでも動物は嗅ぎ分けて逃げ出すので、動物を目にする事無く知らない間に駆除が成功出来るとして評判です。