害獣対策で有効なウルフピーとは

農家の方や趣味で園芸などを行っている方にとって、農作物を食い荒らす野生動物に悩む方は結構いらっしゃいますが、鳥獣保護法例によってむやみに捕獲や処分出来ない動物もいるので結構厄介な物です。



また罠や柵を設置するにしても野生動物の種類によって有効的な物から全く効果のない物まであり、種類に分けて対策するのは非常に難しいとされています。

そんな害獣被害に悩んでいる方たちの間でネットの口コミやランキングでも評判になっているのがウルフピーと言う忌避剤で、オオカミの尿を100%使用している製品です。



オオカミは猿や鹿に熊、野犬やその他野生生物の天敵となっていて野生動物の生態系で頂点に立っています。



殆どの動物は自分のテリトリーをアピールする為にマーキングしてお互いの存在を知るのですが、マーキングの代わりにウルフピーを専用容器に入れて設置する事で、天敵のオオカミが縄張りにしていると言う認識をさせる仕組みです。
野生動物は非常に警戒心が強く、人間は勿論の事ですが天敵に対しても臭いや音などで危険を察知して近寄らない習性がありますし、例えオオカミを実際には見た事のない動物も、本能でこの臭いは危険だと感じて近寄りません。こう言った動物の本能に働きかけるウルフピーは専用の容器に入れて近寄らせたくない周辺に設置すると、専用ディスペンサーからウルフピーの臭いを効率的に出してくれますし、蒸発して少なくなったら継ぎ足すだけなので大変簡単です。
動物の種類に合わせて対策を行う必要もなく、捕獲や処分をしなくても害獣の方から近寄ってこなくなるので、害獣対策で大変有効だと評判になっています。